水滴

フッ素コート剤使用の離型剤特有の優れた特徴と効果

薬瓶のシルエット

離型剤には、フッ素系、ワックス系など異なる主成分を持つものがあります。このうち、フッ素系離型剤は、主成分であるフッ素コート剤が持つ特徴がそのまま離型剤としての優れた効果につながっています。
フッ素コート剤が持つ特徴として顕著なものは、塗布された物体表面に、非粘着性というフッ素樹脂被膜に特有の性質を与えることです。これゆえに、フッ素コート剤を使った離型剤を金型に適用すると、金型の表面は、そこに注入された物質を付着させない性質を持ちます。注入される物質が、プラスチックであれ、ゴムやシリコンであれ、この特性は変わりません。そのため、これらの素材を使った製品の成形作業において、離型で失敗する確率を著しく下げることが出来ます。すなわち、生産効率を上げる効果を発揮します。
フッ素コート剤が主成分の離型剤は、更に、塗膜が薄いという特徴があります。そのため、他の離型剤を使用した場合、綺麗な離型が困難な薄型、小型、複雑な製品であってもスムーズに離型させることが出来るという効果もあります。
主成分としてフッ素コート剤を使っている離型剤は、このように、成形困難な製品の離型を容易にすること、そして、成形作業の失敗率を下げ、生産性を向上させる効果を持つと言えます。

金型にある製品を綺麗に形造るフッ素コート剤使用の離型剤

物心ついたときから身近なところにあるプラスチック製品やゴム製品ですが、誤って火にあててしまい、製品がぐんにゃり曲がったり、溶けてしまったりした経験がある人も多いでしょう。プラスチックもゴムも、成形というステップを経過する前はそのような状態です。実用品として完成させるため、金型を使って形造る段階がありますが、ここで金型の働きをサポートする薬剤が離型剤です。
金型に、なぜ離型剤という薬剤のサポートが必要かというと、それは、金型単体では、ゴムやプラスチックを一定の形状に成形するという役割しか果たせないためです。
成形のプロセスは、一見、1つのステップに見えますが、実際には2ステップあります。型を使用して素材に形を与えるステップと、形を備えたものを型から分離するステップです。離型剤は後者のステップで機能するものであり、特に、主成分がフッ素コート剤の離型剤は、分離させる能力が非常に優れています。金型の表面は、そのままでは、ゴムやプラスチックをくっつける性質を持っていますが、フッ素コート剤を使用することで、これを真逆の性質に変えることが出来るのです。この性質を、非粘着性と呼んでいます。
この性質のお陰で、フッ素系離型剤を塗布した金型からは、成形された製品を綺麗なまま分離することが出来るのです。

成形困難な製品はフッ素成分入りの離型剤で金型から剥がすと便利

いろいろな素材の製品の中で、破損しやすいものの形状としてどのようなものがあるでしょうか。シンプルで厚みや幅があるものは、比較的壊れにくいでしょう。反対に、複雑な形、薄いもの、細いものなどは、ちょっと力を入れすぎただけで、折れたり割れたりしがちです。
製品の成形過程にも同様の問題があります。ゴムやプラスチックを使って、複雑な形のものや、細くとがった製品、或いは極薄の製品を成形する場合、金型から成形物を無傷で分離するのは至難の業です。こんなとき最強の味方になるのが、フッ素コート剤を使用した離型剤です。成分であるフッ素コート剤が、金型表面を他のものが粘着しない性質に変えることにより、素材がプラスチックでもゴムでも、成形物をスムーズに取り出すことが出来るようになります。
フッ素コート剤によるこの非粘着性という性質は、塗膜が非常に薄い状態でも十二分に発揮されます。そのため、多少入り組んだ複雑な形の金型や、極薄製品を成形するため、わずかなすき間しかないような金型であっても、問題なく離型剤を塗布し、綺麗に離型させることが可能です。これは、フッ素コート剤を使用した離型剤に特有の効果なので、成形困難な製品の離型には、フッ素系を選択するのが正解でしょう。


フロロテクノロジーの離型剤ならナノオーダーの微細形状もできます!
LEDなどのマイクロレンズ成型などナノメーターからミクロンレベルの微細な形状を忠実に再現することができます。

UPDATE CONTENTS

NEW ARTICLE